維持する技術

目地補修

セルフシーリング工法

中空ゴムシール材による目地補修工法

ARIC農業農村整備新技術登録 NO.0382

セルフシーリング工法は、特殊形状の中空型シール材(セルフシールTZ-50)を用いた目地補修工法です。シール材は、自らの反発力で溝の壁に押し付けられ、高い接着性を発揮します。また、シール材背面から水圧を受けると、溝を押し広げる力が働き、自ら止水性を高めます。

  1. シール材の反発力で、シール材と躯体の接着力が高まり止水性が向上します。
  2. 水路の背面側から水圧を受けると、シール材が目地溝との接着面を押す力が増し、シール材自らが止水性を高めます。
  3. 特殊な形状に形成されたシール材は、変形追従性に優れ、躯体が動いてもシール材が剥がれることがありません。
  4.  クロロピレンゴムは耐候性・耐熱老化・耐油・耐薬品性に優れています。
  5. ハンチ(45°)や直角壁(90°)を施工する際も切断せずに1本製品で施工可能が行えます。

基礎物性

項 目 特性値
止水性 目地開き6mm→水圧:0.1MPa(水深10m相当)での止水性確認
変形追従性 目地開き +6mm、-10mmに対応
目地段差 30mmの動きに対応

上記は試験値であり、品質保証値ではありません。

施工例


目地材挿入工(直角部:90°についても1本物施工可)

変形性能(30mm)

用途

  1.  既設場所打ち水路の伸縮目地補修
  2.  新設場所打ち水路の伸縮目地(露出面)
テキストのコピーはできません。