山地災害を防ぐ

落石対策

ライトバリア

施工実績のページにも掲載しています。

小規模落石防護柵

ライトバリアは、モルタル充填した高靭性の細径支柱にワイヤロープとひし形金網を取り付けた、軽量でシンプルな自立支柱式の落石防護柵です。
部材が軽量で取付けが容易であるため、簡単に施工することが可能です。

外部リンク:いさぼうネット

特長

■ 細径でありながら、エネルギー吸収が可能な高靭性支柱を採用
■ 支柱が細径のため、小型削孔機で支柱建込用孔が施工可能
■ 部材がシンプルで軽量なため組み立てが容易
■ 最大73kJの落石エネルギーに対応可能
■ 各スパンが独立した構造のためメンテナンスが容易
■ 落石対策便覧(2017年12月改訂)対応製品
(実物実験については、実験動画のページをご覧ください。)

規格と性能

ライトバリアの各タイプの対応エネルギーは以下の通りです。

タイプ 対応エネルギー 支柱仕様
LB50 51kJ φ76.3mm
LB70 73kJ φ89.1mm
テキストのコピーはできません。