山地災害を防ぐ

落石対策

ループフェンス

施工実績のページにも掲載しています。

高エネルギー吸収型落石防護柵

大きなエネルギー吸収しようとすれば防護柵の変位を大きく許容しなければなりません。しかし、これでは防護柵の設置位置が大きく制限されてしまいます。
高エネルギー吸収型落石防護柵ループフェンスは、大きなエネルギー吸収能力を持ちながら落石補足時の変位が小さい変位制御型落石防護柵です。

関連製品:ループフェンス・Eタイプ(崩壊土砂防止柵)

外部リンク:いさぼうネット

認定

NETIS登録番号 SK-020001-VE(活用促進技術)<掲載期間終了>

特長

■ シンプルな構造でありながら大きなエネルギー吸収が可能
■ ワイヤロープをループ状に配置したことで落石補足時の変位量を制御
■ 特殊バネ鋼を用いた緩衝装置はトルク管理が不要
■ 各スパンが独立した構造のためメンテナンスが容易
■ 現場条件に合わせて様々な基礎形状を選択可能
■ 国土交通省新技術提供システム(NETIS)登録番号 SK-020001-VE(活用促進技術)
<掲載期間終了>
■ 落石対策便覧(2017年12月改訂)対応製品
(実物実験については、実験動画のページをご覧ください。)

規格と性能

ループフェンスの各タイプの対応エネルギーは以下の通りです。

タイプ 対応エネルギー 支柱仕様
LP150 160kJ φ114.3mm
LP250 255kJ φ216.3mm
LP500 503kJ φ216.3mm
LP750 753kJ φ267.4mm
LP1000 1004kJ φ267.4mm
LP1250 1255kJ φ267.4mm
LP1500 1506kJ φ267.4mm

納入実績

全国地方自治体

テキストのコピーはできません。