山地災害を防ぐ

落石対策

ロックバリア

施工実績のページにも掲載しています。

高エネルギー吸収型落石防護柵

エネルギー吸収型の落石防護柵は、落石衝突時には大きな変形を伴いエネルギーを吸収する構造の防護柵が大多数を占めるため、落石補足後には各材料の取替メンテナンスが必要となります。
ロックバリアは、支柱の変形によるエネルギー吸収を期待しておらず、支柱に直接落石が直撃しない限り支柱の交換は不要です。万が一、交換が必要な場合においても、支柱はアンカー基礎から独立した構造であるため簡単に交換が可能です。

外部リンク:いさぼうネット

認定

NETIS登録番号 KT-150044-A

特長

■ 軽量で施工性に優れる支柱ユニットを採用
■ 部材がシンプルで軽量なため組立が容易
■ 最大500kJの落石エネルギーに対応可能
■ 国土交通省新技術提供システム(NETIS) 登録番号 KT-150044-A
■ 落石対策便覧(2017年12月改訂)対応製品
(実物実験については、実験動画のページをご覧ください。)

規格と性能

ロックバリアの各タイプの対応エネルギーは以下の通りです。

タイプ 対応エネルギー 支柱仕様
RB-S100(積雪タイプ) 103kJ φ139.8mm
RB150 160kJ φ114.3mm
RB300 302kJ φ114.3mm
RB500 503kJ φ114.3mm
テキストのコピーはできません。