快適で安全な道路 農地を潤す技術

ボックスカルバート・共同溝

斜角門形カルバート

斜角門形カルバートは、道路と道路、道路と水路の交差角が直角以外で斜角に交差する場合などの対応の自由度を高めた現場毎で柔軟に自由な角度で対応可能な製品です。
製品の設計は『道路土工 カルバート指針』『道路橋示方書』に準じて行っており、NETIS登録された製品です。

1.斜角度が自由に設定可能
道路と交差する水路の交差角を90度~58度まで自由に設定可能です。
それにより道路設計時には、用地設定など設計の自由度が広がります。

2.多種多様な形状に対応可能
門形、U形、L形を組み合わせて、斜角門形カルバート、斜角ボックスカルバート、拡幅水路、拡幅暗渠(ラッパ状ボックス)などの対応が可能となります。

3.優れた施工性
横断部を門形にした場合、既設水路を撤去することなく施工が可能なため、既設水路内での支保工や水換え工が不要となります。

4. 幅広い適用分野
道路工事、河川工事をはじめ道路横断構造物の暗渠化や、社)農業農村整備情報総合センター民間の新技術候補技術に登録されており農業農村整備事業にも活用されております。

概要・特長

テキストのコピーはできません。