鉄道の安全をサポート

軌道

鉄道用壁高欄

屋外という厳しい環境条件における長期的な耐久性向上、薄肉軽量化による施工性の向上、供用時におけるメンテナンスフリーの実現、所要の遮音性能の確保、景観性の向上などを目的として開発された鉄道用高欄です。
超高強度+高じん性+高耐久性を有する超高強度繊維補強コンクリート『DUCTAL』(ダクタル)を材料とすることにより、現行用いられているコンクリート製品に比べ、軽量化、耐久性に大きく優れています。

1.安全な部材性能
超高強度および高じん性を兼ね備えた材料により、薄肉・軽量化実現しました。部材安全性は、静的および疲労載荷試験(200万回)により確認しています。

2.高い高耐久性
土木学会「超高強度繊維補強コンクリートの設計・施工指針(案)」に適合した材料を使用しており、塩害、中性化、凍結融解などの厳しい環境下に対しても高い耐久性が証明されています。

3.施工性の向上
薄肉軽量化により施工の合理化、省力化、急速施工を実現し、大幅な工期短縮が可能となります。

4.騒音への配慮
所要の遮蔽性能を満足することを、音響透過損失測定により確認しています。 (防音効果)

テキストのコピーはできません。