維持する技術

表面補修

ASフォーム工法(緩衝材仕様)

高耐久性レジンコンクリートパネルの利用による構造物補修

ASフォーム工法(緩衝材仕様)は、ASフォーム(高耐久性レジンコンクリートパネル)の様々な優れた特性を活かした既存構造物の補修工法です。
緩衝材を使用することで従来工法に比べ安価に対応でき、ライフサイクルコストを低減することができます。
また、緩衝材を製造工場で一体化させ現場納入する為、工期短縮が可能です。

 

1. 耐摩耗性に優れています。(普通コンクリートの約10倍の耐摩耗性)

2.水理特性(平滑性)に優れています。(粗度係数:0.0084)

3. 塩害・中性化・凍害・腐食等に対する耐久性に優れています。

4. 耐候性に優れています。

5. 緩衝材を使用することで従来工法に比べ安価に対応できます。

6.緩衝材を製造工場で一体化させ現場納入することで工期短縮が可能です。

基礎物性

項 目 特性値
圧縮強度 80N/mm2
曲げ強度 20MPa以上
静弾性係数 20GPa以上
耐摩耗性 普通コンクリートの9.4倍
凍結融解抵抗性 105%

上記は試験値であり、品質保証値ではありません。

 

構造他

項目 特性値
板厚(施工厚)   8mm(18mm)
緩衝材 発砲ポリエチレン(15倍)
目地材 2成分形変性シリコーン樹脂
ASフォーム 製造可能範囲 2000(Max)×1000(Max)

施工例 農業水利施設補修例

テキストのコピーはできません。