維持する技術

表面補修

ASモルタルD工法

ポリマーセメントモルタルによる表面被覆工法

ASモルタル工法(高靱性)は、高炉スラグ系再乳化型粉末アクリルポリマーセメントモルタル『ASモルタルD』を用い、劣化構造物の表面保護を行うことで、構造物の機能を回復させる工法です。優れた接着性で既存構造物と一体化し、耐摩耗性や水密性に優れコンクリート構造物を劣化要因から守ります。特殊繊維を混入することにより引張力を分散させ、ひび割れ幅を微細に抑え、大きな引張変形と靱性を示します。

 

1. 高靱性を有しており、引張力を分散し、発生ひび割れ幅を微細に抑えます。

2. 高い曲げ強度を有し、ひび割れ抵抗性に優れています。

3. 既存構造物との一体化(接着性)に優れています。

4. 水流や砂礫による摩耗に対する抵抗性に優れています。

5. プレミックス材料である為、水と混練りするだけで、「左官」・「吹付」の双方で施工が可能です。

基礎物性

項 目 特性値
圧縮強度 52.8N/mm2
曲げ強度 9.3N/mm2
付着強度 3.05N/mm2
透水量 0.5g
長さ変化率 -0.043%
耐摩耗性 0.861g
凍結融解抵抗性 94%

上記は試験値であり、品質保証値ではありません。

配合

1バッチ
ASモルタル 20kg/袋    練り上がり量 約12.5リットル (使用料:1,600kg/m3)
水 3.6~4.0リットル

施工例 磨耗劣化構造物補修

特殊繊維を配合

曲げに対して追従(割れない&ひび割れの分散

用途

1. コンクリート構造物の表面補修
2. 断面欠損部の詰めモルタル

テキストのコピーはできません。