維持する技術

表面防食

BKU工法

硬質塩化ビニル樹脂製プレートの利用による構造物補修 (シートライニング工法)

BKU(硬質塩化ビニル樹脂製プレート)の様々な優れた特性を活かした既設構造物の補修工法です。また新設構造物に適用する事により、構造物の耐久性が向上し、ライフサイクルコストの低減を図ることができます。

1. 耐磨耗性に優れています。(普通コンクリートの4~7倍の性能)
2. 防食性に優れています。(下水道事業団防食指針D2種適合)
3. 特殊形状のリブがあるため、グラウトやコンクリートと一体化し、剥離の危険性がありません。
4. 水理特性(平滑性)に優れています。(粗度係数 0.010)
5. プレートは軽量で、切断や曲げ加工も容易で施工性に優れます。

用途

1.下水道コンクリート構造物の防食シートライニング対策
  ●新設工事、補修工事に適用

2.コンクリート水路の耐磨耗対策
  ●急勾配の水路、落差工の水たたき部に適用

3.流量確保対策

テキストのコピーはできません。