戻る

建物と住環境の充実を図る

防火水槽

1500m3 型耐震性貯水槽

(財)日本消防設備安全センター認定製品

1500m3型耐震性貯水槽は、この水槽から配水管を周辺地域に張り巡らせ、各所に消火栓を設けることで、大震災などで大規模な火災が発生する場合に市民が消火活動をしたり、自動噴射で水幕を張り、火災の延焼を防ぐ役割を果たします。容量100m3を超える大規模貯水槽として国内初の型式認定を取得しました。

 

1.(財)日本消防設備安全センター認定取得
平成18年8月に大容量の貯水槽として、国内で初めて型式認定を取得しました。1500m3型の耐震性貯水槽認定品ですから、補助事業にも安心してご利用頂けます。

2.確かな耐震性能
震度6「列震」相当の地震動に対して設計されていますので、優れた耐震性能を有しています。

3.多様な用途に利用可能
消防水利としてはもちろん、多目的利用や、防災時の緊急用水用タンク、便槽用タンクとしてもご利用頂けます。

4.水槽上部の有効利用
1500m3型耐震性貯水槽は平面的に大きな場所を必要としますが、上部は駐車場や公園として利用でき、遊戯施設の設置や樹木などの植栽も可能です。

●適用仕様

<型式記号の説明>

<設置場所による区分>
耐震性貯水槽
●I型・・・公園、宅地等自動車の進入する恐れのない場所
●II型・・・I型以外の場所で、総重量20tf(200kN)の自動車荷重が載荷される場所

テキストのコピーはできません。