戻る

快適で安全な道路 農地を潤す技術

ため池

複合型ため池底樋システム

特長

近年、ため池の老朽化および地震による被害の増加により、底樋周辺部からの漏水や堤体の浸食が発生しており、その安全性向上と耐震性向上が求められています。
国内初の開発製品「柔構造耐震性プレキャスト底樋」は、土地改良事業設計指針『ため池整備』の要求を満足し、高い耐震性・施工性(工期短縮、埋戻しの確実性)を有した製品です。

1.柔構造による高い耐震性
従来の現場打ちやプレキャスト底樋製品では対応が出来なかった地震時の地盤挙動や沈下に対して地盤追従性を有し、高い耐震性(レベル2地震動)を有しています。

2.プレキャスト化による工期短縮
底樋部、取水部、止水壁をプレキャスト化することで、工期短縮を実現します。

3.優れた施工性
土地改良事業設計指針『ため池整備』(平成27年5月制定)の要求を満足しています。

4.底樋管と支持地盤間の遮水性の確保
底樋管を設置する際に生じる、地盤と底樋管の隙間には水みちを防止するためにベントナイト(粘土質防水材)を予め敷設することで供用後の水みちを抑制し、遮水性を確保します。

5.製品間の高い止水性
各々の製品間の継ぎ目には耐震性ゴムリング材を用い、止水機能を満足した構造となっております。

従来仕様との比較

施工工程

開発概要

農林水産省の官民連携新技術研究開発事業として開発されました。

「プレキャストコンクリート製ため池底樋の耐震性向上技術に関する研究開発」

官民連携新技術研究開発事業とは
農業農村整備事業の現場にすぐに生かせるほ場レベル(フィールドレベル)での創意工夫等による新技術開発を、官民の密接な連携の下に進めることにより、農業農村整備事業を一層効率的に推進することを目的としています。

テキストのコピーはできません。