戻る

維持する技術

道路橋

ドーロガード工法

MMA樹脂モルタルによる道路コンクリート構造物補修

ドーロガード工法は、速乾性耐久補修材『メタクリル(MMA)樹脂モルタル』(ドーロガード)と、浸透性メタクリル樹脂(パーミタイト)の組み合わせで、土木構造物の補修や補強、耐久性の向上を行う工法です。
取扱簡便な材料で高耐久性能を有し、またその性状から即日道路開放が出来る道路コンクリート構造物補修工法です。

 

1.工期短縮

1時間程度の硬化時間で工事規制時間短縮など利用者への影響最小限に抑えます!
ー10℃の温度環境でも1~2時間程度で硬化します!

2.薄層でも優れた耐久性

下地との接着性が高く薄層でも割れ・剥離が生じにくいです! (最小厚塗布厚:5mm程度)
耐摩耗性、耐衝撃性に優れ従来の舗装材より長持ちします!

3.施工が簡便

大型機械不要で施工が簡便です!

4.ライフサイクルコストが低減

長期性能維持により補修の回数を減らすことができます!

5.安全・安心

舗装の凹凸を素早く直し、走行性を改善、橋梁等躯体への衝撃負荷を軽減し、
騒音も減らすことができます!


メタクリル樹脂とは
メタクリル樹脂は、第二次世界大戦前から航空機の風防ガラス等として使用されていましたが、戦後は、割れにくい有機ガラスとして、広告用途(看板)、自動車用途(照明用カバー等)電気機器用途(ディスプレー等)、医療用途(歯科材料、人工関節の接着剤等)、その他(水族館の巨大水槽等)等々、幅広い分野で 活躍しております。

テキストのコピーはできません。