鉄道の安全をサポート

軌道

HSJ ハンドホール

HSJハンドホールは、狭隘な場所、短時間での施工など鉄道工事における特殊な状況においても対応可能です。高強度繊維補強コンクリートを使用し、薄肉で軽量化しているため人力での施工も可能です。

1.軽量化による施工性向上を実現
優れた強度特性を有している高強度繊維補強コンクリートを使用することにより、部材の薄肉軽量化を実現しました。施工性が向上し、省力化・工期短縮を図ることが可能です。

2.優れた耐久性
高強度コンクリートの透水係数や塩化物イオンの拡散係数は、通常のコンクリートに比べて著しく小さいことから、優れた耐久性能を有しています。

3.現場条件に応じた製品施工が可能
現場の状況に応じて2種類の製品をご用意しています。
・仮土留が設置できない狭隘な場所
⇒沈埋工法タイプ
・仮土留が設置可能な場所
⇒通常施工タイプ

4.安心の一体構造・開口位置の自由度向上
部材間は、特殊エポキシ樹脂接着工法を用いることにより一体構造を実現しました。一体化されているため、継手部を含めて任意の位置に開口を設けることが可能です。


狭隘な用地内での施工

軽量化による施工性向上

削孔可能範囲


 


Φ300削孔事例

テキストのコピーはできません。