戻る

山地災害を防ぐ

落石対策

MJネット

施工実績のページにも掲載しています。

超高エネルギー吸収型落石防護柵

MJネットは、侵入する潜水艦を捕獲する目的で第二次世界対戦中に海中で利用された特殊ワイヤリング(ASMネット)に、新たに効率的にエネルギーを吸収するブレーキシステムや、挿通孔を有しコンクリート基礎を必要としない支柱を開発し組合せることにより、落石エネルギー3000kJまで対応可能な世界でも最大級の落石防護柵です。

外部リンク:いさぼうネット

認定

NETIS登録番号 SK-010023-VE(活用促進技術)<掲載期間終了>

特長

■ これまで対策が不可能と考えられていた落石エネルギーにも対応(150~3000kJ)
■ 支柱下部のコンクリート基礎が不要で施工が容易
■ フランスをはじめヨーロッパでの施工実績が豊富
■ スリムな形状は自然と調和
■ 落石エネルギーに対する費用は従来工法の中で最も安価
■ 国土交通省新技術提供システム(NETIS)登録番号 SK-010023-VE(活用促進技術)
<掲載期間終了>
■ 落石対策便覧(2017年12月改訂)対応製品
(実物実験については、実験動画のページをご覧ください。)

規格と性能

MJネットの各タイプの対応エネルギーは以下の通りです。

タイプ 対応エネルギー 支柱仕様
MJ150 139kJ □100×100
MJ300 302kJ □125×125
MJ500 503kJ □150×150
MJ750 753kJ □150×150
MJ1000 1004kJ □175×175
MJ2000 2007kJ □175×175
MJ3000 3106kJ □175×175

納入実績

全国地方自治体

テキストのコピーはできません。