戻る

下水道を整備 浸水から守る

HS雨水貯留槽

M.V.P.システム
計画条件

規格 一辺長 土被り ふた部材の幅 上載荷重 地下水位
H1500
H2000
躯体一辺長が30m以下、かつ土被り1.0m以下の場合 4.0m以下 10kN/m2以下 GL-1.5mより
深い位置
標準条件内で上記以外の場合 3.0m以下
H2500
H3000
H3500
躯体一辺長が30m以下、かつ土被り1.5m以下の場合 4.0m以下
標準条件内で、上記以外の場合 2.0m以下
H4000
H4500
標準条件の場合 4.0m以下

 

※標準条件とは躯体一辺長73.5m以下、かつ土被り2.0m以下の施設の場合とします。
※躯体一辺長とは、短手方向、長手方向の各方向における躯体の外形寸法を示します。
※上記に示す条件は、静的計算および耐震計算により構造耐力を十分に有することが現在確認されている条件であり、建設条件を外れる場合は、別途確認を行います。また、使用条件や維持管理上から要求される水理的な側面や底面の形状等については、別途検討いたします。

テキストのコピーはできません。