戻る

快適で安全な道路 農地を潤す技術

生態系・護床

おさかなステーション

河川、水路にて魚を主とした水生動物の住処としての空間を設けた製品

(ARIC農業農村整備新技術登録 NNTD No.274)

特長

1.さかなの休息・避難場所
流速の遅い空間(淀み)を河床に設けて、魚類の休息・避難場所を創出します。空間は河床面より低くなるため、渇水期にも水量が確保でき、魚類の生き残り空間となります。おさかなステーションに図のような越冬ピット(生息空間)を併設することで、うろの役割を補うことが出来、魚の生息域の拡大が可能となり、越冬にも効果を発揮できます。

2.施工性
複雑な形状に対して、型枠工や小規模なコンクリート工が全く不要で、部材の簡単な組立てのみの工事です。工期の短縮、省力化が図れるとともに、現場打ちコンクリートに伴う工事で発生する廃棄物がほとんど無く、水質の汚濁や騒音・振動が大幅に軽減できます。

3.メンテナンスの軽減
従来の泥溜め枡とは異なり、流水により土砂が流されやすい構造となっていますので、メンテナンス作業の省力化につながります。

4.オプション
渇水時の伏流水活用のためのウィープホールやピット管理用の蓋版などを御提案します。

施工事例

維持管理について

堰板を設置する事により、うろ部への水流を発生させて掃流力を利用し、簡単に溜まった土砂を取り除く事ができます。(5~10分程度)

注1)維持管理の頻度は土砂供給量や水路の流況によって変わります。注2)ゴミ等の堆積物がある場合や、水路の流速、堆積土砂の種類・粒径および土砂の状態によっては堰板だけで十分に排泥できないことがあります。

テキストのコピーはできません。