戻る

快適で安全な道路 農地を潤す技術

工法

OSJ工法

1.環境に配慮
シールド機の推進には油圧機構を使用するため、騒音・振動は極めて少ない。

2.立坑が不要
シールド機専用の自降自昇装置を装備することにより、立坑を必要としません。

3.生活環境への影響の軽減
オープンシールド機の前後だけで作業を行い、掘削して直ちに埋戻しを行うため、作業占有帯が短く交通開放を早く行えます。

4.広い適応性
あらゆる土質条件に適用が可能であり、OSJ機の前後だけでの作業を行うため、側方部への作業帯を必要とせず狭いところでも施工可能です。

5.大幅な工期短縮
掘削から埋戻し・締固めまでを連続して行う工法なので、日進量が従来工法の約2倍と、スピーディーな作業が可能です。

6.安全性の向上
開口部がOSJ機の部分だけなので、通行者や住民に対する安全性が高く、鋼製フレームに保護されたスペースでの作業により、労務者への安全性も高い。

7.シールド機上部の開放が可能
シールド機上に覆工板を設置することにより、作業時間外は開放が可能になります。また、長期にわたりシールド機を地中に残置可能です。

8.用途
上下水道の管渠埋設・管渠による雨水貯留管埋設・雨水排水渠埋設・河川水路 等の施工。

  1. 狭隘な場所
  2. 矢板の打設ができない所
  3. マシン通過後の交通開放が必要な場所

施工手順

テキストのコピーはできません。