戻る

山地災害を防ぐ

落石対策

ロックバリア(構造と特徴)

構造と特徴

全体構造

1. 支柱ユニット

支柱ユニットは基礎プレートと支柱本体で構成され、非常に軽量でシンプルな構造となっております。また支柱は地盤に埋め込まれる事無く、基礎プレートが地盤に打設されたアンカーにより固定される形状となっており、支柱基部に大きな基礎の必要がなく施工性に優れます。

rock_shichuu

2. ネット材料

支柱の変形によるエネルギー吸収を期待しておらず、ネットのみでエネルギーを吸収し落石を捕捉します。

HSネット(高強度ひし形金網)

高強度ひし形金網

テキストのコピーはできません。