戻る

快適で安全な道路 農地を潤す技術

ボックスカルバート・共同溝

地下人道ボックスカルバート

下ハンチを有しないプレキャスト地下人道ボックスカルバート。

道路の移動円滑化ガイドライン(国土交通省監修)および立体横断施設技術基準・同解説(日本道路協会)に準拠した、地下人道専用のボックスカルバートです。地下人道は、一般的な水路用・下水用ボックスカルバートとは要求機能が異なります。それら様々な要求をクリアできる、地下人道に最適のボックスカルバートです。

1.地下人道専用の形状
一般的に、地下人道に要求されるボックスカルバートのサイズは、道路の移動円滑化ガイドラインや立体横断施設技術基準・同解説によって決まります。それら基準に適合するサイズを取り揃え、下ハンチも無い断面形状になっております。

2.工期短縮、通行制限の短期化が図れます
現場打ちだと数ヶ月かかる本体工事が3日※程度で完了します。それにより、片側通行や車線規制などが短期間で済むことから渋滞期間が軽減でき、周辺住民にかける負担も軽減できます。
※施工延長20m程度の場合

3.カルバート内面の美観にこだわります
地下人道は、常に人の目にさらされることから、通常の通路用ボックスカルバート以上に、内面の美観に拘って設計・製造いたします。

4.様々なオプション仕様
電灯や電路の埋め込み、安全設備用の箱抜き、歩床のプレキャスト化など人道に係る様々なニーズにお応えいたします。

5.高い止水性
水膨張性ゴムや樹脂コーキングを行う事により、非常に優れた止水性を確保いたしております。地下水位の高い現場においても安心してご利用いただけます。また、階段部などの現場打ち継手部においても、当社ノウハウにより、防水仕様をご提案させていただきます。

テキストのコピーはできません。