戻る

鉄道の安全をサポート

ホーム

UFCホームドアスラブ

近年、社会的な要請もあり、ホームからの転落防止設備の設置が広く計画されるようになっています。しかし既存のホーム床版では転落防止設備のひとつである可動式ホーム柵(ホームドア)の荷重に耐えられない、また固定用穴あけ箇所の制限などにより、設置が困難となります。
この度、ホームドアの設置が従来品より容易となる、補強鉄筋やPC鋼線を用いない繊維補強コンクリートを使用した薄肉の床版を開発しました。計画の柔軟性、施工性およびトータルコストに優れた効果をもたらします。

1.薄肉・軽量化を実現
既存のホーム受桁の高さ調整、加工することなく、床版を入れ替えることが可能です。

2.計画の柔軟性
補強鉄筋やPC鋼線を用いない繊維補強コンクリートであるため、ホームドア用の穴あけ箇所を自由に選定できます。

3.施工性の向上
設置後床板上より削孔しボルトで固定するため、従来の固定方法である溶接作業が不要となり、火を使用することがありません。

テキストのコピーはできません。